みなみのひげの活動履歴

個人でやっていること、仲間とやったプロジェクトや創作活動など、取り組みをご紹介します。

夫婦の活動歴はRESUMEの方にまとめています。

現在、やっているもの

2015年から自営業者になり、夫婦で「みなみの家」としてメディア運営をしているので、それが主な活動です。

瀬底島の三角の土地を持て余すプロジェクト

2017-

ひょんなことから、瀬底島にある知り合いの土地を好きに使っていいよと言われました。土地の持ち主は会社経営者(仮の名をイワシオーナー)、土地で事業としてなんかやって、もし成功したらお金くれたら嬉しいですという方式です。

土地は島の東の端っこにある、海が見える小さな三角形の土地。さっそく夫婦で企画を立てるのですが、草刈りしたり、畑やったり、チューリップ植えたり、ウッドデッキ作ったりしつつ、毎度土地を持て余すというプロジェクトをやっています。

くらのら(くらしにのらり)

「シンプルに、ゆるく、ざったに」をコンセプトに始めた、ゆるミニマリストな暮らしブログ。
暮らしをよくしていきたいと考え始めた人に役立つブログを目指しています。わが家のマイホームの話や、節約しつつも豊かに暮らすためのノウハウを発信中。

沖縄観光サイトODAY

2015-

沖縄を日常にする観光サイトをテーマに、実際に行ったお店や観光地を紹介するサイト。

ODAY(オーデイ)は、「OKINAWA DAY」の略。

友だちに話すように、沖縄の絶景やおいしいご飯など、自分たちが体験した感動をありのままの言葉で表現することで、「ブログのように楽しめ、ガイドブックのように役立つ」情報を配信しています。

沖縄移住ライフハック

2014-

「読んで楽しい沖縄移住」をモットーに、私、みなみのひげと妻ピノ子が夫婦で運営するゆるーい個人メディア。年間の読者数は60万ユーザーちょっと(2017年時)と、おかげさまでみなさまに愛されて、なんとか続いているブログとなっております。

昔にやったもの・ペンディングしたもの

アートっぽい写真展@OKINAWA DIALOG

[2017]

いつもよく遊ぶ山口夫婦と、合同主催。

それっぽく撮れてしまった「アートっぽい写真」を、雰囲気でアートとして見ちゃおうっていう写真展をやりました。「っぽい」を挟むことによって、浮いたものとして色メガネをかけられてしまう「アート」を、自分ごととして吟味できる場を作ろうってなもんです。

那覇の市街を散歩しながら、ゆるゆるとアートっぽいフォトセッションをやったりして、とってものどかなプロジェクトでした。これは良かった。

実験と表現

2016-

デザインを仕事にしている人は、セオリーや戦略に対して忠実な計画をすることの大事さをよく知っている。デザインにまつわる鉄則みたいなものは、しばらくプロとしてデザイナーをやっていればみんなすぐにわかる。
一方で、クリエーターとしての一個人を見たときに、仮説やアイデアをもって、伸びやかに感性をぶつける場は、職能を枯れさせないためにも欠かせないものだ。

セオリーや戦略に忠実な行為を行うはずのデザイナーが、伸びやかに感性をぶつける場を持たないと職能が枯れる。そんな話は、一見すると矛盾しているようだが、現実として、本当にそういうものなのだ。

だから、『実験と表現』。

そういうのやりたいね。そういうのって前々からまさにやらんとしていたことだよね、となり、実験的な取り組みと、それを表現する取り組みをしようとなった。

テーマの抽象度が高いので、じっくり具体化中..のままペンディング。そのうち思い出したらまたやる。

内田へかえる

2016-

私の地元は千葉の田舎で「内田」というところ。
自然がたくさんあって、利便性はなく、コンビニまで車で行く。代わりに野山に緑があふれ、カワセミが飛び、夏には蛍が舞う。そんなところだ。
帰省したときに写真をとるのだが、HDに眠らせておくのももったいないのでブログにしたもの。

内田ののどかな田舎っぷりを写真で細々と伝えているが、いかんせんTumblrがSEOに強くないので、細々にもならない。

このブログのカテゴリーとしてマージしようかと検討中。

デザイナーが撮った写真展 ph

2014-2016

デザイナーの撮った写真展。
私のまわりのデザイナーさんは、なぜかカメラ好きが多い。もともと、平面の扱いに長けているので、彼らとアマチュア写真展やったら面白いかな、と思って開催してみたもの。
四部構成で2年くらいにわたって運営し、総計で400名くらいの人に見てもらった。

ph」は「photograph」の始まりと、終わりの文字。語感がいい。運営陣の友達のアイデア。

壁ドン

[ペンディング]

センサーを使って、心拍を取り、壁ドンされた時に「ドキドキ」したらホッペが赤くなるインタラクティブな遊びを友達と三人くらいで作っていた。

心拍センサー使ったり、プラジェクションマッピング使ったりで、作るのは楽しかったが、いかんせん、作っている間に「壁ドン」のトレンドが古くなってきて、なかったことにした。

壁ドンしたかったなぁ。トレンドが一周まわったらまたやろうかな。

designFocus(デザインフォーカス)

2011-2013

「デザインをより多くの人に」をコンセプトに、2011年から活動。略称は「dF」。
スキル系の勉強会や、ちょっとした実験的な創作、あと温泉旅行とかをやっていた。ここの運営メンバーで「ph」、「実験と表現」を立ち上げている。

取り組み自体はやめてしまったが、団体としては残っていて「実験と表現」の運営団体名になっている。

デザイン系ビジュアル系バンド Messiah

学生時代、大学のゼミの教授が還暦を迎えるということで作った黒歴史ムービー。

「デザインの〝デ〟は、デビルの〝デ〟」

イカしたコピーで「地獄のHelvetica」など、世界的ヒットソングを歌う、伝説的バンド「Messiah(メシア」。
彼らは、自分たちの恩師(RCA”Rock of Century Academia”を首席で卒業した伝説のロックンローラー)の50歳生誕祭へ向け、贈る歌を作り出すが、メンバー内で三角関係が起こり・・・。
当然、フィクション。そしてリンクは貼りたくない。