最近よく書くティラピアを飼う

オカヤドカリの種類

オカヤドカリは世界中に15種類います。
世界にヤドカリは1500種類以上いるといわれているので、15種類はヤドカリの中で希少な部類だといえます。

日本ではそのうちの7種類が確認されています。

日本にいるオカヤドカリの種類

日本では「オカヤドカリ属」と「ヤシガニ属」がいます。

オカヤドカリ科オカヤドカリ属オカヤドカリ
Coenobita cavipes
ナキオカヤドカリ
Coenobita rugosus
オオナキオカヤドカリ
Coenobita brevimanus
ムラサキオカヤドカリ
Coenobita purpureus
コムラサキオカヤドカリ
Coenobita violascens
サキシマオカヤドカリ
Coenobita perlatus
ヤシガニ属ヤシガニ
Birgus latro

すべての種類のオカヤドカリが天然記念物です。

7種類のオカヤドカリのうち、私が実際に見たことがあるのは、オカヤドカリナキオカヤドカリムラサキオカヤドカリの3種類。

沖縄や小笠原の海岸などで一般的に見られる種類です。

沖縄旅行などでも手軽に出会えるので、このオカヤドカリ3種類を説明します。

オカヤドカリ

名前的にはスタンダードな感じがしますが、一般的に見られるオカヤドカリ3種の中では、もっとも遭遇しない種類です。

オカヤドカリ

目が眼柄(がんぺい)まで真っ黒。
こげ茶のような少し青がかったような色合い。
オレンジ色の触覚。

このへんの特徴で他と見分けがつきます。

生息域が他2種類よりも内陸によっていて、海から少し離れた山林や畑などで見かけたりもします。成体はかなり大型化する傾向。

歩くのに使う脚が、ムラサキオカヤドカリ、ナキオカヤドカリよりもほっそりとしており、ハサミの下部の形状も少し違うので、じっくり観察してみるといいですね。

ムラサキオカヤドカリ

沖縄などの海岸線に普通に見られる種類。
ですが、実はオカヤドカリの種類の中では「北限に棲む」特徴のある種。

ムラサキオカヤドカリ

大型になるほど、体色が紫色になります。
この紫は赤みがかったり、青みが強かったり、クリーム色っぽかったりと、けっこう個体差があります。

ムラサキオカヤドカリの子供

小型のときは、クリーム色っぽいことが多い気がする。

ナキオカヤドカリ

“ナキ”の名前の通り、殻と体を擦り合わせて「ギッギッギ」といった感じの音を出して鳴くオカヤドカリ。

ナキオカヤドカリ

黒と褐色のまだらっぽい色合いが多いが、クリーム色っぽいものもいる。小型のときは、ムラサキオカヤドカリと、ナキオカヤドカリを見分けるのがなかなか難しい。
上の2種類と違ってあまり大型にはならないようで、大きくても3cmくらい。

ムラサキオカヤドカリと、ナキオカヤドカリの見分け方

オカヤドカリは種類によっては、よく似ていて見分けるのが難しいです。
特に「ムラサキオカヤドカリ」と「ナキオカヤドカリ」で、かつ体色が褐色っぽいものは、注意して見ないとほとんど見分けがつかない!

この2種は、生息域も海岸近くの茂みとかぶっているので、余計にややこしいんですね。

オカヤドカリ見聞録-オカヤドカリの見分け方を見たところ、とてもわかりやすい見分け方があった。眼柄(がんぺい)の色で見分けられるらしい。

眼柄の図

眼柄(がんぺい)とは、オカヤドカリの眼の下にある体とのつなぎめのような部分。

眼柄 -Wikipedia-

単純にいうと下記のように見分けられます。

  • ムラサキオカヤドカリ・・・眼柄(がんぺい)が白っぽい
  • ナキオカヤドカリ・・・眼柄(がんぺい)に黒っぽい斑紋(はんもん)

眼柄の比較

あくまで、見分けをわかりやすくするために描いたイラスト。実物のスケッチのように正確ではないので悪しからず。

オカヤドカリ

▲与那国島に訪れた際、海辺で見かけたオカヤドカリ。

実際は写真で。
こんな感じ。(眼柄の下の方があまりうまく撮れなかった..)

例えば、このオカヤドカリはクリーム色をしているが眼柄(がんぺい)が白いため、「ムラサキオカヤドカリ」だとわかります。

眼柄(がんぺい)に黒い斑紋

こちらのオカヤドカリは、眼柄(がんぺい)に黒っぽい斑紋(はんもん)がある。なので、「ナキオカヤドカリ」と判別される。

…うーむ。
でも実際の判別はなかなか難しい。

中には非常によく似たやつもいて、迷うのが私の実情です。

ペットショップなんかでは、この2種類とオカヤドカリ、特に分けへだてなく売られています。

もし見かける機会があれば、見分けをしてみると面白いですよ。

[okayad_mokuji]

記事を検索
シェアする