最近よく書くティラピアを飼う

ティラピア飼育が3年目に突入。水槽のコケが増えてトラブル。シャレた水槽へお引越しなど

近所の用水路

2016年の8月、家の近所の用水路に小魚が群れをなして泳いでいたので、気になって捕まえてみました。

・・・ティラピアでした。

ティラピア

捕まえた当時のティラピア。体調3cmくらい。ニックネームは「いさき」

沖縄では外来種ティラピアさんが大繁栄しており、河川という河川で群れをなしています。それの子どもが群れで泳いでたんですね。

外来魚は放流しちゃダメだということで、捨てることもできず、かといって殺すのも忍びない。食べるのも嫌だし。

仕方ない、飼うか。
こんな感じで飼育を開始。

ティラピア飼育

100均で飼った1.5Lのボトルで飼育する。低酸素に強く余裕で元気

頑丈な魚で主人の適当な飼育方法でも元気。

あっというまに、飼ってから2年が経ちました。

で、まぁですね。
沖縄移住サイトでティラピア飼育記事を延々と書くのおかしいじゃないですか。

こっちのブログで更新していくことにました。

現在のティラピア

夏場のコケ大発生でトラブル!1匹がお亡くなりに

まず訃報から。

2匹いたティラピアは現在1匹
(超どうでもいい話ですが、1匹には「いさき」、もう1匹には「はまち」と名前をつけてました。)

実は今年の夏場、1匹を死なせてしまいました。

はまち

はまち、死す

名護市に引っ越してから、ティラピアはベランダで飼っていたのですが、今年の夏は日光が豊富でコケ(アオミドロ)が大発生。

汚いので一方の水槽は早めに掃除しました。
しかし、もう一方は「コケ生えてる方が身体が大きくなったりするのかな?」と、変な興味が湧き、実験がてらそのままにしていました。←はまちの方。

それがいけなかった。

さすがのティラピアも、コケが増えすぎて水が少なくなれば、酸欠状態に。ある日、水槽にポックリと浮かんでしまいました。悪いことをしたなぁ。

シャレた水槽で過ごしている

現在のティラピア(いさき)がこちら。

ティラピア 水槽

シャレた水槽で暮らしております。

ティラピア

背ビレ尻ビレに赤い色がついた!大人になりましたなぁ。

ティラピア 水槽

1匹を死なせてしまった反省もあって、ベランダで限りなく放任主義な飼育をするんでなくて、少し良い環境で世話をしてやろうと思い直しました。

おしゃれティラピアの完成です。

金をかけないシャレたアクアリウム

ミニマルな水槽

勝手に生えてくるコケ(アオミドロ)を食べるティラピア

余談なんですけど、これね。
水槽以外、なるべく、ほとんどお金かけないようにしてるんすよ。

  • シャレた水槽・・・1680円
  • ティラピア・・・・捕まえた。0円
  • 底砂・・・・・・・近所の川砂。0円
  • 石・・・・・・・・捨てられてたブロックの破片。0円
  • 餌①・・・・・・・勝手に生えてくるアオミドロ。0円
  • 餌②・・・・・・・金魚のエサ。200円
  • エア・・・・・・・なしでも大丈夫。0円
  • 掃除バケツ・・・・100均で2つ。200円
  • 掃除ホース・・・・ホームセンターで78円

補足追記:川砂とかその辺の土砂は、一応、私有地でなくとも国有のものって扱いになるので、小難しいことをいえば勝手にとってはいけないものです。(←そうじゃないと勝手に大量の土砂とって事業で売るやつとかいるから。)とはいえ水槽にちょっと使う程度の常識的な範囲であれば、これを取り締まるのはさすがに野暮ってものですから(小学生が川で遊んでとるのもダメか、足の裏についた砂はどうするの?とかアホな話になってくる)、もし使うときは常識的な範囲&自己責任でお願いします。

合計2158円かな?

むしろ、この水槽を買う前までの2年間は600円くらいしか使わずにティラピアを飼っていました

シャレた水槽は、「GEX」のティアドロップ型のやつ。

妻の姉の自宅で、子どもたちがコッピーを飼っていた水槽がこれで、オシャレだったので買ってみました。

沖縄のティラピア飼育は低コスト

日が当たる場所だと水槽のアオミドロがめちゃくちゃすぐに成長するので、ティラピアはそれを食べ、補う程度に金魚のエサをあげれば十分(2、3日に1回)。

汚水や低酸素に強いから溜め水でも死なない。
水槽サイズも3Lと小さめ。(その前は1.5Lで2年飼ってた。)

なんて低コストなペットでしょう。

ただしティラピアは寒さに弱く、水温が25度以上ないと弱ります。沖縄だからできる低コスト飼育ですな。

沖縄でシャレてる風にティラピアを飼う趣味、なかなか乙かもしれない。

※でもこれ見て2秒で「マネしよう」とかなった人、実際に捕まえたら、全然、水槽キレイにならなくて、そのうち世話すんのも面倒くさくなって、その辺に放流したりするのよくあるオチだから、マジでそういうのは辞めましょうね。ティラピアの寿命は10年くらいあります。保護者のかた、ティラピア は汚水でも生きていけるので、おおかた排水の流れる汚い川にいます。魚の体に薬品や病原菌も多く付いているはずです。子どもが捕まえてきて飼いたいと言った場合も、その点かんがみて飼育するか決めてください。

おしゃれキープには水換え&掃除が週一発生

ただね、お金的には低コストなんですけど、水槽の水換え&掃除は高コストでして。

水槽の掃除

週一くらいで水槽掃除をしないと一瞬でアオミドロだらけになる

ティラピアさん、よく食べて、めちゃめちゃ糞をします。水槽が一瞬で富栄養化するのでアオミドロが増えまくり、糞もあるし、すぐ水槽が濁ります。

そんなわけで、週一くらいのペースで水槽の水換えと掃除をしないと、シャレた感じはキープできなそうです。

でも濁っても死なない(つかマッドウォーター好きで元気になる)から、忙しいときは放置する所存です。

余談ですが、水槽の壁面にも藻が生えてくるので、そのうちタニシを入れようかと思っておるよ。

水槽サイズで身体のサイズが決まる説、検証中

ティラピア

現在は体長5cmくらい

飼育を始めるとき色々とネットで情報検索したところ、「2、3ヶ月で30cm近くなる」との情報があり恐怖しました。

しかし、実際に飼育をしてみると、1年経ってもほとんどサイズが変わらない。

2年経った今も4,5cm程度で、去年と同じサイズです。
で気づいたのですが、たぶん、ティラピアは水槽のサイズ(正確にいえば酸素量?)に適応して身体のサイズが決まるんじゃないかと思うんですね。

水槽が小さすぎるとさすがにお亡くなりになりましたけど、1.5Lサイズだと4,5cmくらいで成長が止まって、そのまま生きるんじゃないかと。

(ちなみに餌は金魚の餌をあげています。)

今の水槽は容量が4Lで、3Lくらい水を入れているので、約2倍サイズ。単純に身体も2倍サイズになるとは、さすがに思いませんが、現状よりはひとまわり大きく成長するだろうと勘ぐっています。

記事を検索
シェアする